【秩父・武州日野】奥秩父の川魚や山菜・ジビエが頂ける店【鈴加園】

2019年3月8日

きのこの里 鈴加園 アイキャッチ画像

埼玉県は秩父市荒川小野原、秩父鉄道「武州日野駅」から徒歩15分の場所にある石器焼き料理屋「きのこの里 鈴加園(すずかえん)」。
奥秩父で取れる山の食材(山野菜、きのこ類、野獣肉)を頂けるお店で、雑誌やメディアにも紹介された人気店です。

店内は合掌造りの古民家な空間となっており、趣があり風情を感じる魅力的な内装となっています。
特に、窓からの眺望が素晴らしく、秩父の山や荒川、陸橋を眺めながら食事を楽しむことができるのです。
紅葉時期になると秩父の山々が美しい色付きを見せるので、絶景ポイントにもなりますよ。

秩父観光での人気スポットでもあり、遠方から鈴加園まで来る方が大勢いらっしゃいます。
混雑していても行きたい、秩父の郷土料理(石器焼き)が頂ける、おすすめかつ珍しいお店と言えるでしょう。
武州日野駅からの無料送迎もできるので、電話でのご連絡をしてみて下さい




奥秩父のジビエ肉ときのこを食らう

秩父谷で狩ってきた猪や鹿、熊などのジビエ肉のほか、しいたけや野菜などの山の幸を堪能することができます。
奥秩父ならではのグルメを味わうことができるので、ジビエ肉を食べたい方はもちろんのこと、秩父の郷土料理を楽しみたい方にも最適です。

基本的には肉や野菜、ご飯、汁物、漬物、前菜が付いた、7種類の中から選べるコースメニューとなっています。
鶏肉や豚肉などの獣肉が無いセットもありますが、せっかくなのでシカやイノシシ等のジビエ肉を注文してみて下さい。
※狩猟状況によっては特定の動物肉が無い場合があります

分厚い石器焼きの上で頂く

鈴加園のメインでもある石器焼き。
耐火性のある砂岩(さがん)と呼ばれる天然の石を焼き、たき火した石器の上でタレを付けた肉と野菜を焼きます。

油を使わず素材本来の良さを活かしたまま焼いて食べるので、繊細な旨みと食感がたまりません。
猪や鹿などの肉はクセや臭みが無く、ジビエ肉が苦手な方でも頂けちゃう程です。

狩った肉や野菜を天然の石器焼きで食すレアな体験を堪能しちゃいましょう。石器焼き以外にも鍋コースも用意していますが、初めましての方はまず石器焼きを注文するように。
追加注文もできるので、他のジャンルのジビエ肉を食べてみたい人や、もっと肉料理食べたいという方は、追加で頼んでみてはいかがでしょうか。

川魚の炉端焼きも絶品


いわな、やまめ、あゆ、ます等の川魚を囲炉裏で焼いたメニューもあります。
串に刺さった状態で提供された川魚は、表面はカリッと焼いてあり中は柔らかで絶品です。

塩加減も良く、追加で注文する価値のある一品と言えるでしょう。
山の幸だけでなく川の幸(魚)も堪能できる、魅惑のメニューですよ。

7月~9月は川辺でバーベキューも行えます

毎年7月~9月の「ますのつかみどり期間」には「将門の滝オートキャンプ場」にて、ます焼+鉄板焼コースの川辺でバーベキューを行えます。
奥秩父荒川渓谷の自然に触れながらバーベキューを楽しみたい方や、捕まえたますを焼いて食べたい方には、もってこいのイベントです。

人数によって金額が変動しますが大人は2,163円~、子供は1,622円~となっています。
暑い時期に相応しいバーベキューを、自然溢れる秩父の鈴加園で体験してみてはいかがでしょうか。
※ますのつかみどりは要予約で10名様以上からご利用いただけます。

鈴加園ファームでしいたけや果物を狩ってその場で頂ける

鈴加園では独自で運営している農園を所有しており、そこでしいたけや果物を採って楽しめます。
しかも、採ったしいたけや果物はその場で食べることができるので、鮮度抜群の食材を堪能することができるのです(きのこ類は焼いて頂きます)。

果物は採れる時期によって種類が異なりますが、しいたけはほぼ1年中採ることができます。
お子さん連れの家族で楽しむことができるので、年代問わず鈴加園ファームでしいたけや果物狩りを楽しんじゃいましょう。

売店もあるので秩父のお土産を買うことも可

鈴加園では売店も用意しており、秩父産の加工食品や季節野菜を購入することができます。
秩父観光のお土産にも最適な売店は、定番のお土産(ちちぶ餅やみそぽてと等)以外のものを購入したい際におすすめです。

鈴加園の店舗詳細・地図

店名:きのこの里鈴加園(すずかえん)
ジャンル:郷土料理、ジビエ料理、炉端焼き
電話番号:0494-54-1234
営業時間:10時30分~18時
定休日:火曜日
予約:可
駐車場:無し
喫煙・禁煙:全席喫煙可
住所:埼玉県秩父市荒川小野原178
予算の目安:3,000円台~5,000円台
ホームページ:http://suzukaen.com/detail/