【東京・森下】郷土料理「深川めし」ランチが人気の割烹【みや古】

2019年3月29日

割烹 みや古 アイキャッチ画像

東京都は江東区常盤2丁目、都営大江戸線「森下駅」A3出口から徒歩5分の場所にある老舗の割烹料理屋「みや古」。
江戸(東京)の郷土料理「深川めし」が頂ける名店で、国内外問わず観光客で賑わいを見せる人気のお店です。

店内は座敷席で、老舗の割烹料理屋らしい古き良き日本のレトロさを感じる空間です。
田舎のおばあちゃん家に来たかのような気軽さのある内装は、かしこまらずに気軽に利用することができます。
もちろん割烹料理屋なので、宴会や法事、慶事などのシーンでも活躍できますよ。

清澄白河エリアでは人気のお店で、深川めしを食べるなら確実に名前が挙がる「みや古」。
名店の味を堪能するのであれば、是非とも来店して頂きたいお店と言えるでしょう。




深川めしとは

深川めしは、あさりやハマグリなどの貝類にねぎや油揚げ等をご飯と一緒に炊き込んだり、煮込んだ具材をご飯の上に乗っけたりする料理方法です。
江戸時代の江東区は漁業が盛んで、貝類が多く取れていました(というか、江東区は埋立地なのでかつては海でした)。

その多く取れた貝類を使って簡単に調理をし、漁師たちの間で食べられていたのが深川めしのルーツです。
昭和37年の漁業権放棄により深川めしは一度衰退したものの、昭和60年頃にまた出現。
現在においては、東京都内だけでなく全国的にも展開を見せるようになりました。

ご飯の上にぶっかける方法(ぶっかけめし)と、炊き込む方法(炊き込みめし)の2種類がありますが、深川めしを提供している多くが炊き込みめしを取り入れています。
そして、みや古においても同様の手法を行っているのです。

よく東京都内の駅弁で見かける深川めし。
駅弁では味わえない老舗が出す本場の深川めしの味を、みや古にて堪能してみて下さい。

みや古の大人気ランチ「深川めしセット」は抑えておくべき

大人気かつ定番ランチメニューとも言える、みや古の「深川めしセット」。深川めしの他に、吸い物、漬物、小鉢が2~3品付いて1,500円となっています。
竹のわっぱのフタを開けると、たっぷりのあさりと油揚げが姿を見せ、食欲をそそる香りが魅惑的です。

炊き込んだ少し柔らかめのごはんにあさりの旨味が染み込んでいて、優しくてクセになります。
プリッとしたあさりの食感と味わいがより一層ご飯をかきこみたくなる、上品さも感じる一杯です。

ランチでもディナーでも共通の深川めしセットは、初めましての方なら是非ともこちらを注文して頂きたい。
ボリュームもあって大人気の理由も頷ける、深川めしを堪能するなら間違いなしの逸品ですよ。

割烹らしい繊細な和食料理も充実

深川めしだけでなく、焼き物、煮物、揚げ物、刺身、漬物などなど、種類豊富に揃っています。
割烹料理屋なので、どれもこれも丁寧さが伺える繊細な味わいは素晴らしいです。

一杯ひっかけるのに素敵な料理も充実しているみや古。深川めし目的だけでなくても十分に満足できちゃいます。
もちろん深川めしのセットと一緒に単品注文もアリですよ。

深川めし以外のあさり料理も揃っています

あさり料理は深川めしだけではありません。
磯焼き、かき揚げ、酒蒸し、土手焼き、ぬた、さらには鍋料理も用意しています。

特におすすめなのがあさりの酒蒸しで、シンプルでありながらもコクと深みが感じられる味わいが絶品です!
あさりのうまいを色んな調理法で楽しめるので、深川めし以外のあさり料理も味わってみてはいかがでしょうか。

なお、あさり以外にもミル貝、バイ貝、貝柱、赤貝などなど、貝料理全般充実しています。
貝類が好きな人にはたまらないラインナップと言えますよ。

行列を避けたいのであればディナーの予約がおすすめ

ランチ時間帯は混雑しており、1時間~2時間程待つこともザラにある程の行列っぷり。そんな行列を避けたいのであれば、ディナータイムの予約がおすすめです。
ディナー限定ですが、並ばずにのんびりゆったりと食事をしたいのであれば、予約をして夜に足を運んでみて下さいね。

店舗詳細・地図

店名:割烹 みや古
ジャンル:郷土料理、割烹
電話番号:03-3633-0385
営業時間:ランチ(11時30分~14時) ディナー(16時30分~20時30分)
定休日:月曜日
予約:可
駐車場:無し(近くにコインパーキングあり)
喫煙・禁煙:分煙(ランチタイムは完全禁煙で、ディナータイムは全席喫煙可)
住所:東京都江東区常盤2-7-1
予算の目安:ランチ(1,000円台~2,000円台) ディナー(6,000円台~8,000円台)
予約やクーポンはコチラ:食べログ